世界を股にかける治療家が来校いたしました!!

世界20カ国からオファーを受け、1年の3分の1を海外で活躍されている

「 世界を股にかける治療家 」  Ken Yamamoto 先生

が山野医療専門学校 柔道整復科の課外授業にいらっしゃいました。

Ken Yamamoto 先生 (柔道整復師、看護師、プロスポーツ選手トレーナー)

 

前日、真夏のシドニーから帰国されたばかりの Ken Yamamoto先生は

近年稀にみる東京の寒さが、大変身に沁みたご様子でしたが

寒さも跳ね返さんばかりの熱い講義をしていただきました。

「情熱を持って接する」

「情熱は人を動かす」

「情熱は目標達成のエネルギーとなる」

と、未来の柔道整復師たちの人生の参考となるお話や

治療家として経営者として日本で必ず成功する秘訣を

ご本人の貴重な経験談を交えて、お話していただきました。

山野医療専門学校 柔道整復科の2年生たち。

柔道整復師として、将来、治療院の経営者を目指す学生達にとっては

ひと言も聞き逃せないお話が満載でございました。

 

講義のあとは、憧れの Ken Yamamoto 先生と記念撮影。

 

「先生のように患者様の痛みと全力で戦う柔道整復師になります!」

「世界を股にかける治療家」は

真冬の山野医療専門学校 柔道整復科へ熱い風を運んでくれたようです。

 

 

冬のオープンキャンパスが開催されました!!

2月に入り、ますます寒さが厳しい極寒の中ではございますが

山野医療専門学校 柔道整復科 では

雰囲気も温かに 冬のオープンキャンパス」 が開催されました。

 

毎回、さまざまな楽しいテーマでお届けしております

山野医療専門学校 柔道整復科オリジナル 日替わり体験メニュー は

☆ 柔道整復師として必要な基本的技術を学ぶ 柔道整復メニュー

☆ 山野医療ならではのオリジナル 美容柔整メニュー

の豪華二本立てで構成されております。

今回の 柔道整復メニュー は、最近コチラのブログでも大活躍中の

柔道整復師教員 鈴木忠慶先生 による

「 接骨院で使うギプスを実際に巻いてみよう! 」 です。

シート状のギプスを水にしばし浸しますと、すぐに硬化が始まります。

患部と想定した箇所に、ギプスを幾重にも貼り付けて行くのですが

ぺたぺたと粘着力のあるギプスを扱うのは、それはそれは難儀です。

ギプスはガラス繊維で出来ておりますので、ゴム手袋を必ず着用します。

「 耳をすますとガラス繊維が硬化する音が聞こえますよ。 」

という鈴木先生の説明に、滅多に耳にすることのないギプス音を皆で確認いたしました。

ご存知、治療院訪問スギさんぽ 毎度お馴染みの

山野医療専門学校 副校長 杉崎哲朗先生 も全ての体験授業に参加しております。

皆さんにより良いオープンキャンパスを提供できるよう、隅から隅までチェック。

「 ふむふむ、ギプスの硬化する音を確認と ・・・・ 」

 

続きまして、山野医療オリジナル 美容柔整メニュー は、

山野医療専門学校付属接骨院 院長 五十嵐由樹先生 による

 「 驚愕のパーフェクトプロポーション 」でございます。

山野医療が提唱する 「 美容柔整 」 について

初めての方にもわかりやすく、講義と技術指導を行います。

さまざまな方法で、美容柔整 のデモンストレーションを楽しく行いました。

 

寒い中、たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました。

 2012年4月入学希望の方も、まだ間に合います!!

(午前コースご希望の方は、少々お急ぎくださいますようお願いいたします。)

 

今後の山野医療専門学校オープンキャンパスへご参加いただき

山野医療の柔道整復授業、美容柔整授業を是非、体験してみてくださいね。