2013年8月30日(金) 夏休み職場体験レポート最終回

本校1年生の芳賀さんの職場体験レポートも最終回となりました。

第1回は 美容整骨院、第2回は フィットネスクラブ と続きまして、

最終回は9期生に在籍中の田中由佳さんの エステティックサロン

世田谷区三宿にある 「サロン・ド・スウィン」 にお邪魔させていただきました。

エステティックサロンに入るのは、芳賀さんも杉崎も初めてでしたので少し緊張しました。

「 コミュニケーションをとりながら、美容とからだのケアを通して

心身ともに、お客様を最高の状態にして差し上げるお仕事は素晴らしいです。

柔道整復の勉強を通じて人間の体のことを学べば学ぶほど

仕事への充実感が大きくなります。 」

と、田中さんのお話を聞いてるうちに自然とリラックスして来ました。

左から田中さん、芳賀さん、杉崎

「せっかくですから、エステの体験をしていってください。」 とお申し出をいただき

杉崎も筋肉の動きやリンパの動きはどうなっているのかな

と連想しながら、顔から肩にかけて体験してきました。

芳賀さんにとっても、新しい発見の職場体験が出来たのではと思っています。

 

2013年8月26日(月) YAMANOまるごと体験ツアーが開催されました!!

「 いつものオープンキャンパスでは物足りない方 」

「 山野医療専門学校 柔道整復科をもっとじっくり知ってみたい方 」

のご要望にお応えいたしまして、本校では1日たっぷり体験してもらうべく

「 YAMANOまるごと体験ツアー 」  を開催しております。

まるごと体験ツアーは朝から夕方まで、楽しいランチタイム を挟んで

2コマの授業をじっくりと体験していただけます。

1限目の授業は、

「 自分で巻いてみよう! 手関節骨折ギプス 」 です。

担当講師は、柔道整復師教員若手実力ナンバーワンの鈴木忠慶先生です。

本校で使用しているギプスはガラス繊維性のものですので

素手で触れないようにゴム手袋をします。

「 温かくてシューシューと音がします 」 との声が。

ガラス繊維が硬化するときに、不思議な音を発しているのです。

 

さて、続いてはギプスを外す作業です。

鈴木先生が取り出した大きな大きな電動カッターに

参加者の皆さんは絶句に驚愕のご様子でしたが

安全な使用方法を習って、おそるおそるギプスをカットしていました。

普段ではなかなか体験出来ないギプスの体験授業にドキドキ。

皆さんとても楽しく取り組んでいただけたようですよ。

ランチタイムに続いて、午後の授業の開始です。

2限目の授業は、

「 本当は教えたくない!!愛され小顔のヒミツ 」 です。

こちらは柔道整復師教員 矢島淳先生が担当しております。

山野医療専門学校 柔道整復科ならではの美容柔整の授業。

学校法人山野学苑は山野美容専門学校が母体となっておりますので

柔道整復科での美容柔整の実現が可能です。

近年、女性の患者さんが増えてきている整骨院でも

美容柔整の技術が求められています。

皆さん、やはり気になるお顔のサイズ。

モデルさんや俳優さんの小顔に憧れます。

この体験授業では、そんな 愛され小顔のヒミツ をこっそり教えちゃいます。

詳しい内容は、モチロン 「 ヒミツ 」 です。

美容柔整の体験授業が気になったら、是非、オープンキャンパスに参加してみて下さい。

秋のオープンキャンパスでも、今までにない楽しい体験授業をご用意しております。

ご参加お待ちしております!!

 

2013年8月16日(金) 夏休み職場体験レポートその2

夏休みも残すところ、あと2週間となってしまいましたね。

在校生の皆さんは、宿題、課題を順調に進めておりますでしょうか。

 

前回1年生の芳賀仁香さんに同行して、職場体験をしておりますが、

今回は第2学年に在籍している第10期生の疋田聡恵さんの職場を訪問しました。

(写真左より、杉崎、疋田さん、芳賀さん)

 

Curves(カーブス)麻生百合丘店は、スーパーマーケットの地下1階にあり

買い物ついでの30分間、ちょっと立ち寄る主婦の方々で活気に溢れていました。

「女性だけの健康体操教室」 というキャッチコピーで

アメリカから導入された女性会員限定のフィットネスクラブです。

もちろん職員も女性のみなので、主婦の皆さんにとっても気兼ねなく通えそうです。

スポーツジムを連想していた芳賀さんにとっても、

新鮮な感覚で職場体験できたのではと思っています。

 

特別な計らいで杉崎も店内に入れていただき、見学させていただきましたが

館内の写真撮影はNGでしたので、雰囲気をお伝え出来なくて残念 ・・・・・

2013年8月15日(木) 夏休み職場体験(インターンシップ)を実施しました!!

先日は高知県で最高気温41℃という日本史上初の記録的暑さが観測されましたが

ここ東京でもヒートアイランド現象により、負けない位の猛暑が続いています。

そんな中、山野医療専門学校ではこの夏休みを利用して

学生による職場体験(インターンシップ)を実施いたしました。

 

夏休み直前に1年生の芳賀仁香さんより

「先生、夏休みに美容系かスポーツトレーナの職場体験したいのですが

山野医療専門学校ではインターンシップ制度はありませんか?」と質問されました。

数年前からインターンシップ制度導入についての検討は始めておりましたので

そうだ、1日体験でも実施可能なところから、まず、始めましょう!!

ということで、急遽始めたのが今回の職場訪問です。

 

今回訪問いたしましたのは、第6期卒業生 茂木正利院長の

「ブランシェ美容整骨院」(東京都港区六本木)です。

(ふらり旅スギさんぽをご参照ください。)

芳賀さんは本校へ入学する前に、柔道整復師か美容師かで将来を悩んでおりましたが、

美容と柔整を融合した美容柔整を学べるということで、

山野医療専門学校の柔道整復科で

この4月より柔道整復師を目指して頑張っています。

茂木院長はヘアサロンと美容柔整を実践している第一人者です。

茂木院長の熱い思いの話を聞いているうちに、

芳賀さんの中に何やらエネルギーが充満し始めた様です。

芳賀さん、自分の将来の夢に向かってこれからも一緒に頑張りましょう!!

 

2013年8月2日(金) 夏のオープンキャンパスレポート(2)です!!

暑い暑い日が続いておりますが、海や野山で遊び疲れたら、

山野医療専門学校 柔道整復科のオープンキャンパスに遊びに来ませんか。

健康に関する楽しい知識とワザ を身に付けることが出来ます。

今回の夏のオープンキャンパスの体験授業のテーマは

「  プライトンとクラーメル副子の手関節コラボ固定法 」  です。

手関節の固定が出来る用にクラーメルを加工します。

ペンチや新聞紙など、身近な材料で簡単に工作して行きます。

山野生の先輩の手関節で固定方法を実演します。

講師は、浜松弁が愛らしい柔道整復師教員 米山博之先生(右下)です。

さて要領がわかったら、実際に自分で作った固定具を使って

手関節を動かないように固定してみましょう。

アツアツのプライトンを乗せ、包帯を巻いて行きます。

包帯はきつすぎても、緩過ぎてもいけません。

その塩梅は日々の練習で体得していきますから大丈夫ですよ。

皆さん、初めての方がほとんどなのに、とても上手に巻かれていて驚きました。

柔道整復師として、将来大変有望なメンバーが揃いましたね。

夏のオープンキャンパスも、残すところあと3回です。

毎回違う楽しい体験メニューをご用意しておりますので

是非、山野医療専門学校 オープンキャンパス で実際に体験してみて下さいね。

 

秋のオープンキャンパスも只今準備中です。

ドーナツ食べ放題が復活 します。

たくさんのご参加を心よりお待ちしております!!